永遠を形にする|未来ある二人の引き立て役|永遠を唄う婚約指輪
新郎新婦

未来ある二人の引き立て役|永遠を唄う婚約指輪

永遠を形にする

ダイアモンド

結婚指輪にダイヤモンドが選ばれるのは、傷ついたり壊れたりすることがないからです。結婚指輪は愛情が続く限り永遠に身につけるものです。そのため、丈夫なダイヤモンドが選ばれるわけです。統計的には90%以上のカップルが結婚指輪の宝石としてダイヤモンドを選択しています。しかしながら、ダイヤモンドにはグレードがあり、どれも同じものというわけではありません。最も美しい輝きを放つのがラザールダイヤモンドです。ラザールダイヤモンドは原石のクオリティはもちろんですが、高い研磨技術で加工されているので、他にはない輝きがあるのです。歴史的にもヨーロッパを中心とする王族に使用され続けてきた経緯がありますので信頼することができるクオリティです。

ラザールダイヤモンドは希少性の高いオクタヘドロンの原石を使用しています。ゆがみの少ない原石を独自の研磨剤を使ってポリッシングをしています。そのため、原石の輝きが大いに引き出されています。ラザールダイヤモンドで採用されているカッティング技術が非常にすばらしいものなので、これまでダイヤモンドの評価を決める尺度が3つだったのにもかかわらず、4つ目にあたる「カット」が加えられたほどです。今ではカラット、カラー、クラリティそれからカットが世界標準になりました。ラザールダイヤモンドで用いられているカット技術がダイヤモンドの評価を左右するほどの技術力だったのです。原石と加工技術を下支えになっているので、これから結婚指輪を購入しようと考えている人はおすすめです。